新人教育で未来の人材を育てる

高等学校教育に通信学校制度があります。

高等学校教育における通信制高校

新人教育で未来の人材を育てる 高等学校教育に通信学校制度があります。全日制や定時制の高等学校と違い、単位制という特徴を持ちます。良いところは、自分自身の時間が多くとれて、自分のペースで勉強ができることができますので、自分のやりたいことや働きながらでも高等学校を卒業できます。いじめによる不登校や持病や障害など様々な理由で学校自体になじめない人でも、高校教育を学ぶことができます。また、現在はインターネットを通じて学ぶ通信制高等学校があり、パソコンやスマホを利用して学習でき便利です。

悪いところは、人との関わりあいが少ないことです。登校数も少なく、クラスなどもはっきりしていませんので、人と濃密な関係を築く機会があまりありません。しかしながら、部活動やレクリエーションがある学校も存在するので、入部したり参加すれば友人もできやすいでしょう。また、基本的に自学学習ですので、自分自身で継続的に勉強を進めていくことが苦手な人は、単位を取るのに苦労するかもしれません。


Copyright(c) 2018 新人教育で未来の人材を育てる All Rights Reserved.