新人教育で未来の人材を育てる

4月から新しい社員を迎える場合、業務や会社のルールなどを新人に教える新人教育係を用意する企業も少なくないです。

会社内での新人教育係の選び方

新人教育で未来の人材を育てる 4月から新しい社員を迎える場合、業務や会社のルールなどを新人に教える新人教育係を用意する企業も少なくないです。会社の将来を担う人材を育成する重要な役割を担いますので、誰を係に選ぶかで頭を悩ませた方も多いですね。育成を目的としていますが、指導係に選ばれた社員を大きく成長させる目的でもあります。新人に指導をさせる目的は、新入社員に会社の理念や仕事の進め方などを教え、会社の一員としての自覚を持ってもらうことや、1日でも早く現場に入って業務が出来るようになってもらうということです。

新人に仕事を教えることを通じて、指導係に選ばれた社員に業務内容への理解を深めてもらうと同時に、将来会社の管理職として活躍してもらうことを想定して、他者に指導する力やリーダーシップを身に付けさせます。新人だけでなく指導係に選ばれた社員を成長させる絶好の機会でもあるということです。したがって、単に業務に精通した社員ではなく、これから成長してもらいたいと願う社員を教育担当にすることをお勧めします。


Copyright(c) 2018 新人教育で未来の人材を育てる All Rights Reserved.